お葬式を行う、本来の場所 寺院葬。年々増加傾向にある「家族葬」を行う場所としても注目されています。

寺院葬とは?

セレモニーホールなどの葬祭会館ではなく、菩提寺をお借りして、通夜、葬儀などを行う葬儀の名称です。

多数の人数が集まる一般葬では、広い会場や駐車場が必要なため受け入れの難しい寺院もありましたが、「家族葬」の需要が増えた近年では虚飾を排し心のこもった葬儀ができる場所として寺院葬が見直されています。

家族葬とは?

家族や親族などの近親者だけで行う葬儀の名称です。

他にも、親しい友人やお世話になったご近所の方など参列者を限定して招くケースもあるため、現状では家族葬の定義はまだ幅広く、比較的少ない人数で行う葬儀の総称としても使われています。


寺院葬の特徴

・菩提寺本堂の須弥壇を使用させていただくことにより、祭壇料金がなく、経済的に尚且つ格調高く葬儀を行えます。

・寺院の本堂内や境内は、元々荘厳に飾られているので、過剰な設営も必要なく、無駄も省けます。

・セレモニーホールにはない、厳粛な雰囲気で葬儀を行えます。

・ご本尊様・ご先祖様に見守られながら故人様を送ることができます。

・寺院は葬儀を行う本来の場所であり、お葬式の自然なかたちともいえます。


家族葬の特徴

・少人数の場合、大きな会場が必要ありません。

・近親者のみで行うことにより弔問客に気を使うことが少なくなり、落ち着いて故人とのお別れができます。

・形式に囚われず日程や時間を設定しやすくなります。日程全般にかかる時間の短縮や葬儀費用を抑える設定にすることも可能になります。

・参列人数も把握しやすく、少人数であれば返礼品や食事などの費用も低額になります。

・通夜式や葬儀中にも会葬者の対応に追われることも少なくなり、故人様の方へと心を向け、ご供養することができます。

家族葬を行うには、菩提寺住職や各関係者の方に事前に了承をいただくなどの配慮が必要です。

事前相談のすすめ

いざという時、困らないためにも
一度「お葬式」について考えてみてはいかがでしょうか。

ご葬儀の事前相談を希望される方が増えています。最近では「終活」という言葉を耳にするようになりました。

普段は考えることのないお葬式のことですが、事前に葬儀に関する知識や概要を知っておくことで、さまざまなメリットがあります。

いざという時に困らないためにも、一度「お葬式」について考えてみてはいかがでしょうか。

(株)きあらでも無料事前相談を随時受け付けています。気になること、心配なこと、わからないことなど、何でも私たちにご相談ください。

※葬儀の事前相談は、葬儀社だけでなく菩提寺住職に相談することで、より安心できます。

ご依頼・お問い合わせはお電話で