【報告】第17回DPCホスピス祭りにボランティアとして参加させていただきました。

5月26日(日)に中央市の玉穂ふれあい診療所にて

輝け!いのち”生きる力”みんなで創ろう!

第17回DPCホスピス祭り

が開催されました!

大バザー開店前の準備の様子

毎年、各種イベントや大バザー・体験コーナー・食べ物コーナー・販売コーナーなどで賑わい、

大変多くの方が訪れるお祭りとして知られています。

なお、今年の収益金の一部は、東南アジアのカンボジア支援のために使われます。

お祭りを歌で盛り上げる

中央市在住シンガーソングライター 岩崎さん

診療所のスタッフさんはもちろん、各方面よりボランティアとして参加される方も多く、

皆さんそれぞれ役割を持ち、精力的に且つ笑顔でお手伝いされている姿には、

管理人も毎年元気をもらえています。

今年もお天気は晴天に恵まれ、お祭り日和だったのですが、

まだ5月なのに真夏日となり、最高気温も35度前後まで上がりました。

それにも関わらず大勢の方が来場し、気温もお祭りの盛り上がりも熱気に溢れていました。

そんな中、きあらも実行委員の一員として、微力ながら駐車場内の誘導係りのお手伝いをさせていただきました。

駐車場をメインで担当されていた少林寺の方々の出演イベントで不在になる時間に合わせて、

主に玉穂庁舎内の駐車場を担当。

お祭り会場から少し離れた場所にあるため、心配していた大きな混雑もありませんでした。

お昼時には、ボランティアの皆さんに特製カレーときゅうりの浅漬けが振舞われました!

カレーは絶品!きゅうりも瑞々しく、更に青空の下で頂くカレーは最高です。

お昼も過ぎ、どんどん気温が上がる中、暫くするとなんとカキ氷の差し入れまで!

運営の心遣いに感謝しつつ、美味しく頂きました。

お祭り終盤には駐車場の混雑もひと段落し、

日陰で一休み。

熱中症対策で運営側で用意してくれていたお水などを頂きながら、なんとかお役目を果たしました。

前日に購入しておいた麦藁帽子も大活躍!思いのほか似合ってます(笑

ホスピス祭りフィナーレの様子

大盛況の内に幕を閉じました

地域の医療貢献はもちろん、

多くの方に癒しや勇気、笑顔をくれる、

このような素晴らしいイベントを毎年開催されている診療所の皆さんや関係者の方には、

心から頭が下がる思いと同時に尊敬の念を表します。

スタッフの皆さん、ボランティアの皆さん本当にお疲れ様でした。

今年も貴重な体験をさせていただき、

ありがとうございました!

また来年もよろしくお願いします。

緩和ケア(ホスピス)のできる入院施設 、ゆったりとした病室、自然の中で暮らせる環境。内科、麻酔科、漢方医学、禁煙外来、在宅医療、緩和ケアの診療をおこなっています。冷え症、アトピー、花粉症などのアレルギー疾患、慢性疲労、虚弱体質、月経不順などは、漢方外来の専門医にご相談ください。